油性肌のスキンケア

油性肌の特徴と注意点

油性肌の特徴は、油分も水分も多いことが挙げられます。豊富な水分によってうるおいが保たれるため、乾燥には困りません。しかし、皮脂が必要以上に分泌されてしまうので、肌は常にべたついた状態です。ここで気を付けたいのが、何度も洗顔することです。肌のべたつきを取り除きたいために、こまめに顔を洗ってすっきりさせたい人は少なくありません。ただ、洗顔をしすぎると肌を刺激してしまうので、吹き出物ができやすくなったり肌が荒れやすくなるなどのリスクが上がります。

また、乾燥しないからといって化粧水やクリームをつけないのも間違いです。どのような肌質であっても、適度な保湿は重要になってきます。自己判断でやめるのは、さらなるトラブルを招く原因にもなります。

油性肌の正しいスキンケア方法とは

油性肌の洗顔では、よく泡立てて皮脂や汚れをしっかり取り除くことが大切です。洗顔料は洗浄力が強いものではなく、皮脂や汚れを落としつつも、うるおいをキープできるタイプを選びましょう。指の腹で優しく撫でるように洗い、泡が残らないようにしっかりとすすぎます。洗顔が終わったら、必ず保湿をしましょう。化粧水もクリームも、適量をつけることが大切です。多すぎれば元々べたついている肌がさらにべたつき、少なすぎるとうるおいを逃してしまいます。

化粧水やクリーム選びも重要です。化粧水は皮脂の分泌を抑えて、肌を引き締めるタイプを選びましょう。クリームはこってりしたものだとべたつきが増すため、さらさらしたタイプを選びましょう。クリームによってテカリが出るようならば、使用量を調整してください。