油性肌の注意点

油分が多いからと乳液を使わない

油性肌の人でトラブルを抱えている多くの人は、乳液を使わないスキンケアしていることがあります。自分の肌には油分が多いからこれ以上油分のあるアイテムは不要だと考えて、あえて乳液やクリームを使わない人が居ます。また洗顔や化粧水を塗っただけでスキンケアを終わらせてしまうケースもあります。乳液やクリームを使わないとせっかく洗顔や化粧水で与えた水分が蒸発してしまい、それを阻止しようと余計に皮脂を分泌してしまいます。 洗顔や化粧水だけのスキンケアはさっぱり感はありますが、肌にとっては乾燥を促進してしまう原因になるのです。余分な油分を肌から出さないためにも、スキンケアの仕上げには乳液やクリームをしましょう。使い心地に違和感があるときにはさっぱり感の強いアイテムを選びます。

ゴシゴシ洗わないようにする

肌の表面に皮脂が多いと、どうしてもゴシゴシと顔を洗いたくなることがあります。力強く洗えば汚れや皮脂は落ちるかもしれませんが、その分肌にダメージを与えることになります。摩擦で肌が傷んでしまったり、表皮のバリア機能が低下するケースもあるのです。肌を守るのに必要な皮脂も削ぎ落としてしまい、肌が硬くなってしまう可能性があります。顔を洗うときにはたっぷりの泡で、擦らずに丁寧に洗いましょう。油性肌の人が気になる小鼻やおでこも同じように優しく洗って、必要以上に刺激を与えないように注意します。 洗顔だけでなくクレンジングでも強く擦らずに、肌を刺激しないようにしましょう。皮脂の原因となる洗顔料やクレンジングはきちんと洗い流して、表面に残らないようにすることも大事です。