普通肌の注意点

基本のスキンケアはしっかり行おう

普通肌は水分量と皮脂量のバランスがとれており、とても健康的な肌状態です。乾燥していないのでカサカサすることもまく、また皮脂のバランスも良いのでニキビや毛穴開きに黒ずみなどのトラブルも起こりにくいです。ツヤ感・ハリ感もありキメも整っている、そんな理想的な肌が普通肌と言われています。ただ、トラブルが特にない普通肌だからといってメイクを落とさずそのまま寝てしまったり、洗顔後のスキンケアを怠ってしまうと状態が悪化し様々な肌トラブルに見舞われるかもしれません。メイクをしたらクレンジングを行う、洗顔後は化粧水で保湿をして補った水分が逃げないよう、乳液やクリームで蓋をするといった基本的なスキンケアはしっかり行いましょう。

肌質の変化を見逃してしまうことも

普通肌の場合、特に肌トラブルは無いので今まで通りのスキンケアを続けてしまいがちです。ですが肌の状態は季節や体調、またストレスにホルモンバランスの変化などによって変わることも少なくありません。いつもトラブルは起こらないと思っていても、少しずつ肌の状態が悪くなり普通肌の人でも慢性的な肌トラブルを招いてしまうこともあります。このようなことにならないよう、普通肌で今は健康的な状態であっても、肌の状態に気を配り適切なスキンケアを行うようにしましょう。 例えば季節の変わり目や生理前などは肌トラブルを起こしやすくなるので、無添加処方で肌への刺激が少ないスキンケアアイテムを使う、乾燥する冬場は保湿力の高いものに変えるなどすると刻々と変化する肌状態に合わせたスキンケアが行えます。